東洋医学からみる美容〜症例3:シミ

肌悩みを抱える女性

状態

40代の女性ですが責任ある仕事を任せられるようになりいつもイライラしているようです。そのころシミが目立ってきたようです。

 

症状

このかたのシミはほほ紅をつけたかのように広い範囲にできています。色はうすい褐色でした。いつもイライラして、顔に怒りが出やすい、疲れやすく、肩が凝り、食欲もあまりありません。皮膚は乾燥しています。眠りが浅く、夢見が多い、めまいや立ち眩みがある。胸脇部が張っています。生理前にイライラが特に悪化する。

 

原因

肝気鬱結 血虚 脾虚

 

対策

このかたのタイプは真面目で細かく自分を追い詰めやすいので「~ねばならない」を少しずつ減らしてみるといいんじゃないかとお話ししまして、逍遥散を服用してもらいました。しばらく服用してもらいましたら少しずつ薄くなってきているとのことです。

 

 

(専門家記事/執筆・上田先生)

関連記事

  1. アロマテラピーに用いる精油

    一般向け記事テスト投稿1

  2. 赤ら顔に悩む女性

    東洋医学からみる美容〜症例2:赤ら顔

  3. 紫外線を感じる夏の海

    光老化は「紫外線A波」から!

  4. 手荒れのケア

    東洋医学からみる美容〜症例1:手荒れ

  5. 顔のむくみを気にする女性

    注意!「むくみ」が「たるみ」になる?!

  6. 漢方薬

    東洋医学からみる、様々な心身の不調

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。