冷え性の原因は2つある!その対策とは?

冷え性に悩む女性

冷え性とは

冷え性とは、血行障害、特に末梢血管などでの障害です。

西洋医学では病気としては捉えらず、症状として扱われることが多いようです。東洋医学では、治療すべき疾患として捉えられています。

一般的な特徴として、身体全体には寒さを感じず、手や足など部分的に冷えを感じることが多いのですが、全身の冷えを訴える例もあります。

特に冷えの訴えの多い部位は足(脚)と手で、冬季と就寝前に強まる傾向があります。

冷えは筋肉量や皮下脂肪の付き方により、男女差があります。そして冷えには、血行障害と内臓の冷えからくるものとがあります。

 

血行障害による冷えの症状

  • 入浴後にも関わらず、すぐに手足が冷えてしまう
  • 寝る時に、靴下を履かないと冷えて寝れない
  • 年中靴下が手放せないが、重ねて履いても温かくならない
  • 冬場、床暖房の効いた中にいても足や腰が冷えている感じがする、もしくは、冷たい

…など様々な自覚症状があります。

 

血行障害による冷えの原因

 

運動不足 筋肉が衰え産熱が減少している
ホルモン不足 女性ホルモンが低下している
体温が低い 熱源が作れない
貧血 血液の不足により血流が悪い
ストレス 許容範囲以上かかると交感神経が優位になり血流が低下する
呼吸が浅い 産熱と放射熱のバランスが崩れる

 

血行障害による冷えの解説

 

人の体の中心部分の温度は、だいたい37℃に維持されるように制御されています。

これは体の内部には重要な臓器が収まっているからです。

気温が氷点下でも、30℃でもほぼ一定になるように、体は熱を保っています。

この深部の体温が維持されるためには、体の発熱(産熱)と体外への放出(放射熱)とのバランスが取れていなくてはなりません。産熱のほとんどは筋肉でつくられています。主に太ももなど下半身から作られる産熱が、運動による産熱の大部分を占めています。なので、筋肉が衰えると産熱が減少し、基礎代謝の衰えにもなります。

そして、産熱の減少が長期間続くと、人の体はホルモンを使って体温上昇を行います。

女性は、男性と比較すると筋肉量が少ないので、筋肉による産熱は男性より少なめです。

しかし、女性ホルモンを持っているので、この女性ホルモンを使い体温を上げます。

体で作られる女性ホルモンの製造には、限界があります。体温上昇のために女性ホルモンを使ってしまうと、女性ホルモンの使用の優先順位が変わってきます。

生理を起こすためとか、お肌を作るための女性ホルモンの使用が後回しになります。

それによって生じる生理不順とか、お肌の調子が悪くなるとかの症状を長期間そのままにしておくと今度は、甲状腺ホルモンを使って体温上昇を行うようになります。

この甲状腺ホルモンにも製造能力があるので、限界を超えると甲状腺が壊れたり、精神状態が悪くなります。

 

また、産熱に対して生体外部に放射される熱があります。→「放散」「放射熱」

作られた熱がきちんと「放散」する状態になっていないと、体は熱を産生しません。

この産熱熱放射のバランスが崩れると、冬は「冷え性」夏は「暑がり」の体質になります。

*更年期障害を例にした場合
産熱>熱放射の場合は、冷えのぼせ、イライラの症状がでてきます
熱放射減少に伴い、徐々に産熱も低下するとうつ症状がでるようになります
気温が40℃以上の場合と15℃以下の場合には、体温センサーが異常を感知して血流を遮断したり、ストレスで交感神経が優位に働く場合も、血流が低下します。

そして、交感神経が優位に働いている時は、呼吸も浅くなってきます。

血液の対流による熱放散は、主に「肺」からのものです。

その他には、気化熱(毛穴からの蒸発による)、赤外線伝導放射熱(血液が深部から体表面に対流することでおきる)、湿性熱放射(エクリン汗腺からの目に見える液体状態での発汗)熱放散エネルギーは、目に見える液体状態での発汗より、血液が深部から体表面に対流することでおきる血流が、熱エネルギーの運搬に大きな影響を与えます。

肺の運動は、この血流に大きく関係します。浅い呼吸は、血液の運搬がうまく出来ないため、大きく呼吸をする必要があります。

貧血は、体に血液が足りていない状態です。

血液が足りない状態で血流だけよくすると、赤外線伝導放射熱により体外に熱を失ってしまうので、脳が過剰な血流を制御してしまいます。

そのため、体の中深部の血流はよくなりますが、体の表面や末端(四肢)の血流はよくならないのです。この状態は、これを着れば暖かくなるというような衣服を身につけても、いまいち効果が感じられないという結果を招いてしまいます。

 

内臓冷えとは

内臓の冷えというのは、その名の通り内臓が冷えている状態です。

体の内部には重要な臓器がいくつもあります。その臓器が、うまく活動するために内臓の温度はほぼ37℃~38℃に維持されています。

しかし、さまざまな原因でこの温度が維持できなくなるのが内臓冷えです。

自分の手でみぞおち辺りを触れたとき、下腹部の温度より冷たいと感じることもありますが、自分でも気づかないことが多く、症状がひどくなることもあります。

 

内臓冷えによる冷えの症状

 

  • なんとなく体がだるく、疲れがとれない
  • 睡眠時間は取っていると思うが、すっきりしない
  • いまいち食欲がわかないまたは、食欲は変わらないが食べると胃が重くなったり、消化が悪いように思う
  • 冷房の中や涼しい所にいるとお腹の冷えを感じたり、ガスが溜まってきてお腹がはる
  • 手や足は温かいのに、下腹部やみぞおち辺りを触れると冷たいと思うことがある
  • 生活はあまり変わらないのに太りやすくなった
  • お肌の調子もいまひとつパッとしない
  • 体温が低くなった(人間の一般的な体温は36.5度程)

…など

 

内臓冷えによる冷えの原因

消化機能の低下 胃腸の調子が悪くなる
消化機能の低下や自律神経の乱れ お腹を壊しやすく、下痢や便秘になりやすい
自律神経の乱れ 過度なストレス、寝つきや寝起きが悪い、体温調整ができない
肝機能の低下や免疫力の低下 疲れやすく、風邪やその他の病気になりやすい
肝機能の低下 肌のトラブルが多くなった(外的要因は除く)
血流やリンパの流れの低下 肩こりがひどく、むくみやすい
基礎代謝の低下 太りやすくなったまたは、痩せにくくなった

 

内臓冷えによる冷えの解説

人間は気温が下がると、手や足の表面の血管を収縮させて血液の流れを減らし、温かい血液をできるだけ内臓に集めようとします。

しかし、交感神経がうまく働いていないと血管の収縮が出来ません。

そのため、血液を体の中心部(内臓)まで集めることができなくなります。

体質的な要因や生活習慣、食事の乱れなどで、体温のコントロールが調整できなくなると、寒くても血管が開いてしまいます。開くとい熱が逃げて内蔵のある中心部に集めることができないのです。

 

内臓が冷えてくると様々な症状が現れてきます。

腸内細菌のバランスが崩れ、消化吸収がうまくできなくなります。

胃腸の機能が衰えてくるので、食後の消化が悪くなったり胃のもたれや胃が重い。食欲がないまたは、過剰な食欲などの自覚症状がでてきます。

便秘や水分を吸収する能力が低下してくるため下痢傾向にもなり、お腹にガスが溜まりやすくなります。

膀胱が冷えてくると、細菌が繁殖しやすく膀胱炎などもおこしやすくなります。

肝臓の機能が低下してくると、解毒能力が衰えシミやくすみ、肌荒れをおこしやすくなったり、疲れやすくなります。

免疫力も低下し、すぐに風邪をひきやすくなったり、アレルギーや様々な病気にかかりやすくもなります。

 

基本的には内臓の冷えも血流が大きく関係しているため、血流やリンパの流れの低下、基礎代謝の低下がひきおこされてきます。肩こりやむくみ、痩せにくい、太りやすいなどにつながってきます。

原因のひとつでもある自律神経の乱れは、冷暖房の影響もあります。

体温調整機能も司る自律神経は、過剰な冷暖房により本来の働きが低下してしまうこともあります。

他にもストレス社会の現代では、交感神経や副交感神経の切り替えがうまく出来ず、血管の拡張や収縮など血液の流れも調整している自律神経が正常に働かなくなります。

 

また、女性は子宮や卵巣があるため下腹部がうっ血しやすく、子宮や卵巣も冷えてきます。不妊の原因はさまざまですが、子宮や卵巣の冷えも要因のひとつと考えられています。

 

冷えの対策ポイント

 

①適度な運動を続ける

ウォーキングやジョギング。様々なスポーツ教室などの利用。

自分の生活リズムの中で出来るだけ時間を確保し、運動を継続することにより筋肉を保てるようになります。

筋肉がつくことで、筋肉量が増え、血液を全身に送るポンプの役目が十分に働くようになります。更に、平熱が上がり一般的な体温の36.5度程度を維持できるようになります。

それに伴い、基礎代謝などがよくなってきます。

基礎代謝を上げることで体内の老廃物を排出しやすくなります。

 

 

②食事の偏りを無くし、栄養素のバランスの整った食事を心がける

忙しく毎日を過ごされている中での食事作りは、大変なものです。自分の生活スタイルに合わせ、なるべく栄養バランスの取れた食事を心がけましょう。

タンパク質は、熱源になりやすく特に不可欠な栄養素です。肉(特に赤身)や魚はもちろんのこと、大豆製品のような植物性タンパク質の摂取も必要です。目安は成人1日あたり平均50-55gの摂取です。

 

③無理なダイエットをしない・・・栄養バランスが偏りホルモン低下につながる

必要以上のダイエットはしないことが大事です。カロリーばかりを気にしすぎて運動量を増やさず、低カロリーの食事や食事の量を極端に減らしてしまうことで、代謝をあげたり、体を温めるのに必要な栄養素まで不足してしまいます。

食事制限に頼るダイエットは、結果的に必要な栄養素不足による代謝の低下や脂肪が燃えにくくなり、痩せにくい体を作ってしまいます。

ダイエットについてはこちら

④体を冷やす食べ物、飲み物を控える・・・食材にも気をつける

暑くなる季節は、冷たい飲み物や冷たい食べ物が欲しくなります。

しかし、内臓を冷やす原因には、内臓を冷やす飲物や食事を多く摂取していることも考えられます。冷たいもの(食材も)を必要以上に体の中に取り込むと内臓は冷えてしまいます。

暑い真夏、外での運動や仕事などのときは熱中症予防のために、暑くなりすぎた体をある程度冷やす必要があります。冷房の効いた室内では、体は冷えているので内から冷やす必要はありません。

また、夏野菜や夏の果物も旬野菜としては大事ですが、摂り過ぎないことも大切です。毎日の食材として夏野菜を利用するときは、体を温める効果のある生姜や唐辛子、大根や人参、ゴボウなどの根野菜も一緒に使いましょう。

熱源となるタンパク質も忘れないで。

果物は、夏の果物や南国産の果物はその時期や風土にあったものですので、体をある程度冷やすようにできています。

なるべく旬の野菜や果物を摂取することが望ましいです。

スムージーのような形で摂取される場合は、使用する果物や野菜などの種類を選んで、口に含んでゆっくり飲んだり常温に近い温度での摂取が望ましいです。

 

⑤甘い物(白砂糖製品)を控える

無性に甘いものが食べたくなったり、毎日何かしら甘いおやつを食べる方は多いようです。

そこで注意が必要なのは、白砂糖製品は控えることです。

白砂糖は、精製したものです。白砂糖が体内で処理される場合、体内のビタミンB郡やカルシウムを必要とします。

ビタミンB郡は、赤血球の生成にも不可欠です。そのビタミンB郡が白砂糖の処理で使用されてしまうと、生成されるべき血液の質や量が低下してしまいます。

血液の低下は冷えにつながる要因です。

更に、ビタミンB郡は自律神経にも関与しています。不足すると、自律神経が乱れて交感神経が優位になります。

交感神経が常に優位な状態にあると、抹消への血液循環が低下してしまい冷えの原因になります。

摂取後体内ですぐに吸収される白砂糖は、血糖値が急激に上がります。同時にインスリンが大量に分泌されます。インスリンは、血糖値を急に下げて元に戻そうとします。

脂肪は、燃やすときに熱を発して体温を保っています。インスリンが多いと脂肪の分解を妨げてしまいます。結果、急激な血糖値の上昇は体温も低下させることにつながります。

 

⑥体の外から体を温める

暑くなるとシャワーだけとか、年中シャワーやほぼシャワーになり、湯船に浸かることが少ないという方も多いようです。

体が温まるというだけでなく、血行をよくするにもお湯に浸かることは必要です。

交感神経からリラックスのための副交感神経に導くため、お湯の温度は夏場は39-40℃、冬場は40-41℃に設定するのがよいとされます。

また、足首の内側にある三陰交(さんいんこう)や太谿(たいけい)のツボは、特に冷え性に重要なツボです。

親指の腹で優しく指圧したり、綿や絹のレッグウォーマーなどを使用して保温するのも効果的です。

指圧やマッサージは入浴後や足浴後、体が温まり新陳代謝がよくなったときに行うとより効果が期待できるでしょう。

効果的な入浴方法や足浴の仕方はこちら

 

⑦ストレスと上手に付き合う・・・過度なストレスは健康障害をひきおこす原因

現代は、心も体も過剰なストレスにさらされている傾向にあるようです。

適度なストレスは交感神経を目覚めさせ、判断力や行動力を高めるために必要です。しかし過剰で慢性的なストレスは、心身共に不快なものとなり、さまざまな不調をひきおこす原因となります。

ストレスの度合いは、個人差があり一定ではありません。不眠やうつ傾向になり、気づくことも多いようです。

過度なストレスは、自律神経の乱れやホルモンバランスの乱れが生じてきます。

自律神経の「緊張・興奮の神経」を司る交感神経が優位になります。交感神経が過度に優位状態になると、常に緊張状態になり血圧も上昇傾向となり、内蔵の働きが低下してきます。

このような状態は血流障害の原因となり、細胞に新鮮な酸素や栄養素が十分に運搬されず、代謝も低下し低体温や冷え症状につながっていきます。

また、過度なストレスは主に、副腎皮質から分泌される「ストレスホルモン」とも呼ばれるコルチゾールの量が増えます。コルチゾールは血圧を上げたり、血糖値を高めたり、炎症反応を抑えて痛みを感じにくくさせます。

分泌されたコルチゾールは、血液と一緒に全身を運ばれます。そのため、過度のストレスによって自律神経のバランスが崩れることで、さまざまな症状が生じてしまうのです。

心身共に健康でいるためには、いかに「回復・休息の神経」を司る副交感神経を働かせ、毎日の生活にめりはりをつけるかということが大切になってきます。

うまく副交感神経を働かせるにはこちら

関連記事

  1. 漢方薬

    東洋医学からみる、様々な心身の不調

  2. 赤ら顔に悩む女性

    東洋医学からみる美容〜症例2:赤ら顔

  3. 手荒れのケア

    東洋医学からみる美容〜症例1:手荒れ

  4. オーガニックな素材でできた化粧品

    これからのスキンケアとオーガニック化粧品

  5. エステでクレイパックをする女性

    話題の「クレイテラピー」とは?

  6. 顔のむくみを気にする女性

    注意!「むくみ」が「たるみ」になる?!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。