第1章・Ⅰー②食と病気 1)栄養素 4 ミネラル(塩の状態)

ミネラルとは

 

人間の身体の必須ミネラルは16種類とされています。

【主要ミネラル】(7種類)
カルシウム・リン・カリウム・硫黄・塩素・ナトリウム・マグネシウム

【微量ミネラル】(9種類)
鉄・亜鉛・銅・マンガン・クロム・ヨウ素・セレン・モリブデン・コバルト

 

 

はじめに

 

無機質であるミネラルについて、重要なのは摂取する時の電荷の状態が非常に重要と考えています。
ヒトのカラダは電気信号で制御されており、酵素についてもタンパク質とミネラルの組み合わせで多種多様な作用を行っています。

ミネラルは単体の構造ではなくどのような結晶になっているか?などが重要と考えています。

 

 

ミネラルの結晶構造

 

ミネラルは電気エネルギーを生み出す事が可能な結晶なのでしょうか?
エネルギーを生み出す!出さない! は酵素活性があるか無しかという重要な要素です。

 

 

サプリメント・漢方薬などについても、どのような土で栽培し、どのように修治(加工)するか?が重要です。

 

 

電荷の状態

 

イオンの価数は、酸化・還元などに重要な要素です。

例)クロム
3価のクロムはインスリン抵抗性を改善するということで、糖尿病やダイエットに 利用されます。
しかし6価クロムは有害物質です。

金属:相手に電子を与える事ができる状態は有用な場合が多く、電子を奪う状態は有害な事が多い。

 

 

 

重金属

 

重金属は体内に取り込まれやすく、いったん体内にはいると排出しにくく、 脂肪や筋膜組織などに少しずつ蓄積します。
元素なので分解できません。
自然界では食物連鎖の中で大きい生物の体内に濃縮されます。

 

 

ミネラルの酸化の例

 

ミネラルは電子を失い酸化すると有害になります。

—塩を例に考えてみよう—

 

市販の『天然塩』とは

  1. 『天日塩』をイオン交換膜を通し、ほとんど塩化ナトリウムだけを取り出した 純度の高い『精製塩』で『化学塩』と呼ばれるもの
  2.  食塩、並塩など・輸入した天日塩や岩塩を溶かし、苦汁や添加物を加えて 釜で煮詰め、再結晶させた『配合化学塩』と呼ばれるもの
  3.  海水を原料にして太陽と風だけで水分を飛ばし結晶させたもの

 

本当に『天然塩』と呼んでいいものは 3.だけではないでしょうか?
塩を天日に干す、近赤外線などを与えると、塩は電子がリッチな状態になります。

 

スポーツ飲料は希釈した状態で放置すると、電子は抜けていきます。
電子が抜けてしまった状態で飲むとカラダの酸化を促進します。
飲む時に溶かしましょう。

関連記事

  1. 第1章・Ⅰー②食と病気 2)食材原料の事  3 放射線滅菌

  2. 第2章・Ⅱ 老廃物が蓄積する場所 3 肺 リンパ

  3. 第1章・Ⅰー②食と病気 1)栄養素 1 脂質( 変性した油など)

  4. 第1章・Ⅰー②食と病気 2)食材原料の事  4 遺伝子組み換え

  5. 第2章・Ⅰー①生体で処理が難しい物質 4 塩素など過酸化物

  6. 第2章・Ⅲ 生体が処理をする能力を超える 1 高次脳の破壊  2 壊れた脳の復旧方法

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。