第2章・Ⅱ 老廃物が蓄積する場所 1 肝臓

 

はじめに

 

疎水性が高く代謝を受けにくい化学物質は、尿などとして体外に排出される割合が低いため、生物体内の脂質中などに蓄積されて肝臓に溜まる傾向があります。
しかし、胆汁の分泌が正常にできていれば肝臓への蓄積については深刻に考える必要はありません。

 

 

毒素の蓄積

 

肝臓

 

肝臓では、疎水性が高い物質を抱合する事によって水溶性にして排泄します。

抱合には、グルクロン酸抱合,グルタチオン抱合,硫酸抱合,グリシン抱合などがあり、生体は、少しぐらい毒があるものを食べても無害化して排泄できます。

しかし、抱合を受けにくい物質もたくさんあります。
抱合を受けにくく肝臓に毒素が沈着するタイプの脂肪肝を、非アルコール性脂肪肝炎(NASH)と呼びます。
近年増加しており、少なくとも成人100人~200人に1人くらいは罹患しています。

人工的な化学物質でも多少は肝臓で代謝を受けますが、肝臓の処理能力を超えると致命的な毒性を現すことがあります。

(重金属、放射性物質、鉱物油、除草剤、殺虫剤など…)

 

 

毒素が溜まる臓器

 

疎水性が高い物質が溜まる臓器は、生殖器、肝臓、甲状腺、脳などです。

各臓器に少しずつ毒素が溜まります。
そして処理能力を超えた時に病気が起こります。

関連記事

  1. 第1章・Ⅰー②食と病気 1)栄養素 4 ミネラル(塩の状態)

  2. 第2章・Ⅰー①生体で処理が難しい物質 2 重金属など酸化したミネラル

  3. 第1章・Ⅰー①衣と病気

  4. 第1章・Ⅱー② 小売業 サービス 1)コンビニ ホームセンター ショッピングモール 2)クリーニング

  5. 第1章・Ⅲー① 電磁波

  6. 第1章・Ⅰー②食と病気 2)食材原料の事  2 防腐剤

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。